犬のフィラリア予防薬

犬のフィラリア予防薬で詳しい情報をキャッチしょう

犬のフィラリア予防薬とは

 

犬のフィラリア予防薬は何があるの?

 

★犬のフィラリアの予防薬はたくさんの薬がでてますが一番人気の高いフィラリア予防薬はキウォフハートです。

 

大型犬用・中型犬用・小型犬用があります。

 

中でも小型犬用はとても人気があります

 

その他にインターセプターチュアブル、ストロングハートチュアブル、ダイロハートチュアブルがありますがそれぞれの薬について説明しますね。

 

キウォフハート

キウォフハートは錠剤のお薬です。品質にはとても優れたお薬で徹底分析したお薬ですがとにかく選び抜かれています。
可愛いワンちゃんのためにどうでしょうか?

 

このキウォフハートは最近新登場した商品で今、とても人気のある商品です。
お客様にはかなり評判がよくこれから先が楽しみの商品です。

 

キウォフハートはジェネリック薬品です。錠剤タイプのお薬で薬が苦手なワンちゃんでもミートの味付けになっていますので食べられます。
回虫などを駆除します。

 

有効成分はあの有名な大村 智さんが開発したイベルメクチンです。
その他ピランテンなども入ってます。

 

フィラリアの予防薬は効き目の早さが最高です。フィラリアの薬を飲んで30分以内で効果が表れるスピードの速さは私もビックリしています。

 

インターセプターチュアブル

 

インターセプターチュアブルはノバルティス社のブランドですが犬用のフィラリア予防薬です。
タブレット式になっていてチュアブルタイプのお薬です。

 

インターセプターチュアブルはフィラリアの予防薬はもちろんのこと他にもサナダ虫も駆除してくれる優れものです。
もちろん回虫やなども駆除してくれるので助かります。
主成分はミルべマイシン、プラジカンテルです。

 

全部のワンちゃんに効果が発揮されるわけではありません。
特にコリー犬、その血統の犬種はミルべマイシンオキシムの試験においてはそれなりの効果(安全性の問題)は得られないとの報告があります。
もし心配なようでしたら獣医さんに相談してください。

 

ダイロハートチュアブル

 

ダイロハートチュアブルはアッシュライフサイエンス社がやっているお薬で、カルメドックと同じ成分のジェネリックの薬品だということです。

 

ダイロハートは今人気の商品でおやつ感覚で食べられる商品です。
犬糸状虫の寄正を予防します。その他に消化内線虫の駆除もしてくれます。投与の仕方は月に一度すべての犬種にお薬を一個投薬します。

 

チュアブルタイプのお薬なのでワンちゃんもよく食べてくれます。
見た目はおやつに似ていますがワンちゃんが進んで食べてくれるというので大好評です。
錠剤タイプと違って知らない間に吐き出すこともなく喜んで食べてくれということで安心して手間なく与えられます。

 

まずはフィラリアに感染していないかどうか動物病院でフィラリアの検査をしましょう!!
そしてフィラリアに感染していないかを確認をした上でフィラリアのお薬を与えてください。

 

ストロングハートチュアブル小型犬用

 

ストロングハートチュアルブルの中でもっとも小型犬用が人気があります。

 

ストロングハートチュアブル小型犬用は「カメルドックハートガードプラス」と同じ成分が入っていながらも低価格であるジュネリックのお薬です。

 

主成分は予防の高いイベルメクチンが入っており、月に一度、一個の投薬でフィラリアの感染を予防し、回虫などお腹の虫を駆除します。
ワンちゃんの好きなミートフレーバーでおやつタイプになっていますのでワンちゃんにとっても食べやすいのがいいですよね。

 

匂いはバニラの香りがします。ワンちゃんがとっても最も好む匂い食いつきのミート味だからこそストロングハートチュアブル小型犬用は人気があるのではないでしょうか?

 

ストロングハートチュアブルは3年連続トップの人気の商品ですのでなんの心配もございません!!ですからぜひお試しを・・・・・

 

フィラリアの副作用は全部の薬に副作用はないとは言い切れませんが気になるようでしたら獣医さんに相談をしてくださいね!!

 

犬のフィラリア予防薬のことについて詳しく知りたい方はこちらからでもわかります。

 

犬のフィラリア予防薬の種類や使用方法などをもっと知りたい方はこちらから・・・・・

 

あなたの愛犬を守るのはあなたです!!毎年必ず定期的にフィラリアの薬を飲ませましょう!!

 

フィラリア症とは

 

犬のフィラリア症とは

 

犬のフィラリア症とは怖い病気です。寄成虫の一種であるフィラリアによって起こさせる症状のことを言います。
犬に寄生すると「犬糸状虫」(いぬしじょうちゅう)といい感染すると犬の心臓と肺動脈をすみかにします。
フィラリアのメスの体内にいるミクロフィラリアと呼ばれる幼虫は宿主の血管に移動します。そして蚊やブヨなど血を吸う昆虫に吸い取られ、吸い取られたミクロフィラリアは血を吸う昆虫の体内で脱皮を繰り返し発育します。
その血を吸った昆虫が動物の血を吸った際にその動物の体内入ることで次から次へと感染してていくのです。

 

フィラリア症には慢性フィラリアと急性フィラリアがあります。

 

「急性フィラリア症とは」
急性フィラリアになると赤褐色の尿がでたり、急に元気がなくなります。
黄疸や呼吸困難などを特徴としています。
放置すると死に至ることもあるので早目に獣医さんに見せましょう!!

 

 

「慢性フィラリア症とは」
●咳が出る

 

●息切れがする

 

●水を欲しがる

 

●散歩を嫌がる

 

●四肢のむくみ

 

●肝機能障害(肝臓、腎臓)

 

●腹水(腹に水が溜まりふくらむ)

 

★このように慢性フィラリアの場合症状は上記のようになります。

 

カワイイワンちゃんをフィラリアから救うためには飼い主のあなたが気をつけてあげないといけません!!

 

守るのはあなたですよ!!
フィラリアの時期が(5月〜11月)きたらまずやることはフィラリアの検査をして
その後フィラリアのお薬を投与してくださいね。

 

フィラリア症はワンちゃんにとっては本当に怖い病気です。あなたのペットも早目にフィラリアの薬を飲ませてくださいね!

 

フィラリア時期

 

犬のフィラリア時期はいつからなのですか?

 

皆さん!!犬のフィラリア予防薬をいつから飲ませた方がいいかわからない人は多いと思います。

 

蚊がでる頃だと7月頃かなと思っていませんか?・・・・・
実際は5月の上旬〜11月下旬までですがどうも変だと思いませんか・・・・・

 

なぜって?だって10月、11月なんて蚊なんてでませんからね〜
そもそも皆さんも口には出していいませんがおかしいと思っているはずです。

 

でも10月、11月も少しですがたまに蚊が飛んでたりしますよね。
秋は変な虫が出やすいのでワンちゃんを飼っている方は様子をよく観察して
見てやってください。

 

では下記の図を見てください。

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

4月に蚊が発生し始めてずっと11月の最後まで飲み続けなくてはいけません。

 

犬のフィラリア予防薬期間で一番大切な時期は11月だということが左の図からもわかりましたね。

 

フィラリアの薬は途中でやめるわけにはいきません。途中でやめたらお薬が無駄になります。
必ず最後まで飲み忘れのないようにしっかり投薬しましょう!!

 

(体験談Aさんの場合)

 

一昨年、フィラリアの薬を1回分(1ヶ月分)飲ませるのを忘れてしまいました。
そして昨年の5月にフィラリアのお薬だけをもらいに動物病院に行ったらすぐに

 

獣医師がフィラリアの検査をした方がよいと言われたのでフィラリアの検査をしました。

 

その時に先生からもしかしたらフィラリア症にかかっているかもしれないと
言われましたが検査の結果はフィラリア症には感染していませんでした。

 

あの時は本当にびっくりしましたね。きっと運がよかったのかもしれません。
やはりフィラリアのお薬は最後まできっちり投薬しないとその時によくわかりました。

 

1ヶ月だけでも飲み忘れるとワンちゃんにとっては大問題だということをくれぐれもよく覚えておいてください。

 

犬のフィラリア予防薬種類

 

犬のフィラリア予防薬の種類はどんなのがあるでしょうか?

 

フィラリアの薬の中で日本でもっとも有名なのがこちらです!!

 

カルドメック、レボリューション、ダイロハートです。

 

種類も多く使い方もそれぞれ違います。

 

タイプ別に分けてみますと錠剤タイプ、おやつ感覚のチュアブルタイプ、スポットオンタイプがあります。
家のワンちゃん、ネコちゃんはどのタイプですか?

 

カルドメックはどんなお薬なんでしょうか?

 

●日本名カルドメックと同一商品のハートガードプラスです。

 

●月に一度の角切りビーフ味のお薬を与えるだれでいいのです。

 

●主成分はイベルメクチンがワンちゃんをフィラリアから助けるのです。

 

チュアブルタイプなのでおやつ感覚で食べれます。経口薬の苦手なワンちゃんも手軽で簡単に投与できます。
犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能です。

 

レボリューションはどんなお薬なんでしょうか?

 

 

●レボリューションは月に一回の投与でフィラリア、ノミ、ダニを同時防ぐことができます。

 

●経口薬の苦手な猫や犬にも最適で垂らすだけのスポットオンタイプなっています。

 

●ノミの成虫の駆除だけでなく、ノミの卵や成虫にも効果を発揮してくれて再寄生を予防します。

 

レボリューション・・・・・シャンプーなどは、2時間以上開けてからしてくださいね。

 

容器はピペットタイプになっております。まず猫や犬の首の後ろのあたりの毛をかき分けてからレボリューションの液を垂らしてくださいね

 

ダイロハートはどんなお薬なんでしょうか?

 

 

●ダイロハートは錠剤タイプとチュアブルタイプがあります。錠剤タイプは(ダイロハートLとダイロハートSがあります。
ダイロハートチュアブルは大型犬、中型犬、小型犬とあります。

 

●カルドメックのジェネリック医薬品です。お薬の効果と効能はブランド品とまったく変わらないのがいいですね。

 

●ダイロハートは錠剤タイプの可愛いハート型のバニラの香りがします。

 

口の中に入れと、犬の唾液が錠剤を柔らかくしてくれるのでチュアブルのように簡単に食べられます。

 

月に一回の投与になりますが、必ず決まった日数で(30日後を目安に6回投薬し続けてください)

 

犬のフィラリアにの種類はいろいろありますがこのように見てみるとよくわかります。
あなたの可愛いペットのためにフィラリア予防をしましょう!!

 

ダイロハート、ハートガードプラス、レボリューションはどれが効果があるの?

 

犬のフィラリア予防薬ダイロハート、ハートガードプラス、レボリューションはどれが効果があるの?

 

フィラリア予防薬の中で即効性があって一番効果があるのはどれでしょうか?

 

どれも効果があうように思いますが・・・・・

 

この三つフィラリアの薬はタイプがそれぞれ違います。

 

三つのタイプ別は@チュアブルタイプ A錠剤タイプ Bスポットオンタイプです。

 

ダイロハートはチュアブルタイプと錠剤タイプがあり、ハートガードプラスはチュアブルタイプです。

 

レボリューションはどうでしょうか?

 

レボリューションはスポットオンタイプです。

 

ちなみにスポットオンタイプはどんな使用方法かといいますと犬の肩甲骨の間に垂らします。

 

それぞれが特徴がありますがやはり一番人気がありますのはレボリューションですかね〜

 

なぜかといいますと経口薬が苦手なワンちゃんが意外に多いということなんです。

 

わかりましたか?

 

「手早く簡単なのがいい!!」と皆様から評判があります。

 

だからレボリューションが人気があるのでしょう〜

 

フィラリア予防は毎年必ず決まった月に投与しなければなりませんがその前にフィラリアの検査をしましょうね!!

 

愛犬を守るのは私達飼い主の役目です

 

フィラリア症に負けないように犬のフィラリア予防薬ダイロハート、ハートガードプラス、レボリューションで愛犬の命を守りましょう!!

 

犬のフィラリア予防薬販売

 

皆さんが選ぶ犬のフィラリア予防薬とは?
犬のフィラリア予防薬の中で一番のおすすめの薬はどれでしょうか・・・・・
どのお薬が一番売れているかランキングにしてみました★〜〜〜
あなたが購入するときに参考にしていただけたらと思います。

 

ちなみに我が家ではストロングハートを使用しています。
ストロングハートチュアブルは甘い香りがするといわれていますがこれがきっとワンちゃんにも好物なのかもしれません!!

ストロングハートチュアブル小型犬用

 

一番人気のストロングハートチュアブルはチュアブルタイプになっているので経口薬も苦手なワンちゃんも簡単に食べることができます。

 

犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内の線虫の駆除が可能なお薬です。

 

カルドメックのジェネリックなので薬品の成分量も安全性も同じです。

 

レボリューション猫用

 

レボリューション猫用はフィラリアとノミ・ダニに効果的なお薬です。

 

@ノミの成虫を駆除して卵の孵化を1ヶ月間防ぐことができます。

 

A糸状虫によるフィラリア予防や猫回虫、ミミヒゼンダニの感染を防ぎます。

 

肩甲骨の間に垂らすだけのスポットオンタイプになっているので経口薬の苦手なネコちゃんでもここれなら大丈夫!安心して飼い主さんもできます。

 

寄生虫予防とフィラリア予防がこれ1本でできるのでこれも人気の秘密だと思います。

 

インターセプターチュアブル小型犬用

 

 

インターセプターチュアブルは海外でもとっても人気のあるフィラリア症予防のお薬です。

 

フィラリアにはもちろんのこと回虫、サナダムシ、鞭中などの腸の寄生虫に効果があります。

 

この他にインターセプターチュアブル大型犬用・インターセプターチュアブル中型犬用・インターセプター小型犬用・インターセプターチュアブル超小型犬用があります。

 

あなたはどれにするの?愛犬をフィラリアとノミ・マダニ・、寄生虫を予防しましょう!!

 

犬のフィラリア予防薬費用

 

犬のフィラリア予防薬費用ほどのくらいかかる?

 

まずフィラリア予防薬の費用はもちろんのことフィラリア症対策について何が大事なのことなのかを調べてみましょう!

 

フィラリア症について何が大事のなですか?

 

@フィラリア薬の種類A値段B副作用C使用期間などが心配ですよね〜

 

その他にもフィラリアの症状や治療方法などが一番大事だということです。

 

皆さん!!わからないことや疑問に思ったこともあるでしょう〜

 

フィラリア予防の知識を深め犬や猫を飼われていない人、これから飼う人のために皆さんとお勉強をしていきましょう。

 

フィラリア症について

 

フィラリア症とは別名「糸状虫症」といい名前のごとく気持ち悪い細長い虫です。

 

寄生虫はそうめんの長さで17センチ〜28センチぐらいあり、みるからにとっても奇妙な虫なのであります。

 

犬に感染するとその名の通り「犬糸状虫症」といい犬の心臓と右心房の肺動脈に寄生します。

 

とにかく怖い病気なのです。フィラリア症に感染すると最後は死に至る場合があります。

 

フィラリア症にならないためにもフィラリアの予防薬を飲みましょう!!

 

フィラリアの期間は5月〜11月の7ヶ月の間月に1回1錠を投与します。

 

場所によっては4月から投薬するところもあります。

 

最近は地球温暖化の影響もあり蚊が早くから発生します。

 

こんなことから飼い主さんは状況を把握して早めの対応に心がけてください。

 

フィラリア症の費用はどのくらいかかるの?

 

フィラリアの薬は動物病院では一般的に1個900円〜1,400円

 

個人の輸入業者やネットショップですと1個480円〜800円で購入できます。

 

なお、まとめて購入するともっとお得になりますよ!!

 

フィラリア薬の種類はどんなのがあるのでしょうか?

 

一番人気は!!@ストロングハートチュアブル 二番目はAレボリューション 三番目はBハートガードプラス、四番目Cダイロハート

 

やはり一番人気はストロングハートチュアブルなんですね。

 

副作用はほとんどのフィラリアの薬はほぼ心配ないと言われています。多量のイベルメクチンを摂取なんて言っていますがフィラリアの薬ではほんの少しの量しか使用しないので心配ないです。

 

犬のフィラリア薬いつから

 

犬のフィラリア薬はいつから飲ませればいいのでしょうか?

 

以外にこれがわかっているようでわかっていない人が多いです。

 

皆さんが思うには蚊が出る頃から蚊が出なく頃までフィラリアの薬を服用すればいいと思っています。

 

これは間違いです。

 

フィラリアの薬を飲ませる時期は5月から11月もしくは12月まで飲ませます。

 

10月、11月、12月なんて蚊も出ないしなぜ投与しなければならないかと疑問を持つ方もいらっしゃいますがこの10月、11月、12月は川沿いの近く、田んぼ、草むらの近くなどに潜んでことが多いからです。

 

飼い主さんは散歩をする時はくれぐれも草むらの中や芝生の中雑草が茂っている所は入らないようにしてください。

 

散歩から帰ってきたらすぐに足を拭くか洗うかまたはお風呂に入るかのいずれかの中から選んで必ず湾ちゃんをキレイにしてから部屋の中に入れてください。

 

ココでフィラリア症について説明します。

 

例えば先月投与してから1ヶ月の間に体の中に入った子虫が成虫になるまでの間に駆除しなければなりません。

 

子虫が成虫になって心臓にたどり着くまでは薬2ヶ月程かかります。

 

だからたとえ蚊がでなくなったとしても継続してフィラリアの薬を投与しなくてはいけないのです。

 

万が一フィラリアの薬飲み忘れたならとりあえず気が付いた時点ですぐに飲ませてください。

 

犬の心臓に到着するまでには2ヶ月〜3ヶ月はかかるようなのでそれまでにとにかく早く飲ませるしかないのです。

 

血液検査も成虫にならないと検査が判明しません。

 

「陰性」としか判明しないからです。

 

フィラリアの薬を飲ませる時期に該当している場合は今からでもすぐに飲ませるのがベストです。

 

犬のフィラリア症とは怖い病気です。

 

寄成虫の一種であるフィラリアによって起こさせる症状のことを言います。

 

犬に寄生すると「犬糸状虫」(いぬしじょうちゅう)といい感染すると犬の心臓と肺動脈をすみかにします。

 

フィラリアのメスの体内にいるミクロフィラリアと呼ばれる幼虫は宿主の血管に移動します。

 

そして蚊やブヨなど血を吸う昆虫に吸い取られ、吸い取られたミクロフィラリアは血を吸う昆虫の体内で脱皮を繰り返し発育します。

 

その血を吸った昆虫が動物の血を吸った際にその動物の体内入ることで次から次へと感染してていくのです。

 

このように飼い主さんはフィラリア予防を忘れずに投与しましょう〜!愛犬を守るのはあなたです!!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ