犬のフィラリア症予防とは

 

●犬のフィラリア症予防は観察して事前に予防をすることが大事

 

フィラリア症はしっかり守れば予防できるのに飼い主さんが怠けて忘れて投与しなかったり、愛犬の様子がおかしいと思ってもすぐに対処しなかったりすると犬フィラリア症にかかってしまう恐れがあります。
飼い主さんは早目のフィラリア症予防しましょう!!

 

●犬のフィラリア症の予防は事前の検査が必要なの

 

万が一犬の体内にいることでフィラリアの薬を飲ませたら、一度に大量のミクロフィラリアが駆除されますがショック症状を起こして最悪の場合は死に至る場合もありますので注意が必要となります。

 

またフィラリアの初期の症状がわかりずらいこともあって必ずしもそれなしでは済まされません。

 

●検査法はどんなことをするのですか?

 

犬の血液を採取して犬フィラリア症にかかっているかを検査して犬フィラリアの寄生があるか、ないかを確認します。

 

犬フィラリアの確率はどのくらいなの?

 

●認可されているフィラリアの予防薬効果は100%であるといいます。

 

それは毎年フィラリアの検査している動物病院ではほぼ100%という数字上がっています。

 

フィラリアの検査では血液のフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)の有無を顕微鏡で調べる簡易検査ともう一つフィラリアの成虫の有無を調べるためのフィラリア抗原検査があります。

 

●フィラリアの発症率は約15%と低いです。

 

ある動物病院での検査を行ったらこのような数字が出ました。
ほとんどの犬が室外で飼われていたワンちゃんだそうです。

 

この結果室内よりも室外で飼われている犬の方が発症率が高いということがわかりました。

 

この数字は多いのか少ないのかはさだかではありませんが個人的に見た場合しく少なからずフィラリア症にかかる発症率は低いと思う。

 

犬のフィラリアの症状とは

 

●犬のフィラリアには急性と慢性があります。「慢性フィラリア症」は下記の症状が起こります。

 

①息切れがする

 

②咳(気管支静脈の血液の悪化)

 

③腹水(腹部に水がたまって膨らんでしまう)

 

④水を異常にほしがる

 

⑤散歩を必ず嫌がる

 

⑥肝臓、腎臓の障害

 

⑦足のむくみ

 

●「急性フィラリア症」とは(大動脈症症候群、べナカバシンドローム)とも呼ばれている。

 

症状は赤褐色の尿がでて元気がなくなり、横断(白目や歯茎が黄色くなること)呼吸困難などが特徴、放置すると死に至る場合がありますので気をつけましょう。

 

このように犬フィラリア症をにかからないためにはどうすればいいかをよく理解した上で愛犬のために何ができるかを事前にやっておく必要があります。

 

犬フィラリア症にかからないように飼い主さんは気をつけましょう!

 
犬のフィラリア予防薬犬のフィラリア予防薬
トップへ戻る